社内向けライブ配信は自社スタッフのみで対応できる?

社内向けライブ配信は自社スタッフのみで対応できる?

社内向けのライブ配信は、知識や技術、機材がそろっていれば自社スタッフのみでも十分に対応することができます。
ただし、社内で流されるという性質上、外部への情報漏洩が起こらないような対策を講じた上で実施する必要があります。
外部の専門スタッフにライブ配信への協力を依頼すると、高い音質や画質の配信を安定して行うことが可能です。
しかし、外注する部分が多くなればなるほど、また規模が大きくなるほど、たくさんの人や機材が必要となるため、外注先の業者に対して多額の費用を支払わなければなりません。
自社でスタッフを組織してライブ配信を行うことは、このようなライブ配信の実施にかかる費用の抑制につなげることができます。
最初のうちは配信の質があまり高くなく、十分に準備をしてもトラブルが起き、対応に時間がかかるケースが少なくありませんが、経験を積んでノウハウが蓄積されてくれば、良質なコンテンツを社内で配信できるようになるでしょう。

ライブ配信をするならサポートサービスが充実している所

ライブ配信をする方はとても増えています。
ユーチューバーもそうですしインスタグラマーの間でも、このライブによって収益を得ている方は多いです。
ある程度登録者数を増やすということも関係していきますし、その内容ももちろんそれ以前に重要です。
さて、そもそもライブ配信をしたことがないという場合は、どこの媒体を使って配信をしていくかというところから入ることになるかもしれません。
収益を得る方法と、無収益にするのかでも変わってきますし、もし収益を希望するのであれば利用の際に料金が発生する場合も有ります。
様々な条件なども変わってきますし、内容などもチェックしてから利用する事になります。
初めての配信でわからないことが出てきたり、不具合に対応してもらいたいという時にはサポートサービスがあるかチェックしておくことも大事なポイントです。
サポートがしっかりしていませんと、わからないことが出てきた時にすぐに質問出来ずに困ります。

ライブ配信に関する情報サイト
社内向けライブ配信について知ろう

営業所が複数ある会社ですと、研修や社内イベントなどで社員を集めるのも一仕事です。そこでおすすめなのがライブ配信です。撮影用のカメラ、受信側にもモニターなどの設備、そしてセキュリティ対策もなくてはなりません。今では低コストで利用できる配信用クラウドサービスなどもあり、ビジネスでの活用も活発化しています。もし設備やセキュリティ対策などの準備をする時間がない場合は、専門業者に依頼することをお勧めします。

Search