社内向けライブ配信の基礎知識|利用シーン・メリット・流れなどを分かりやすく解説!

営業所が複数ある会社ですと、研修や社内イベントなどで社員を集めるのも一仕事です。
そこでおすすめなのがライブ配信です。
撮影用のカメラ、受信側にもモニターなどの設備、そしてセキュリティ対策もなくてはなりません。
今では低コストで利用できる配信用クラウドサービスなどもあり、ビジネスでの活用も活発化しています。
もし設備やセキュリティ対策などの準備をする時間がない場合は、専門業者に依頼することをお勧めします。

社内向けライブ配信の基礎知識|利用シーン・メリット・流れなどを分かりやすく解説!

社内向けのライブ配信の基礎知識 まず第一に配信、受信の設備を整えることです。
撮影用のカメラ、スピーカー、受信する側の数だけモニターや受信機が必要です。
またライブ配信ですので、ネットワーク環境も忘れてはいけません。
配信する場所が多ければ多いほどより高性能なネットワーク環境が必要でしょう。
ライブ配信本番の前に、きちんと配信されるか試験することをお勧めします。
もう1つ重要なのがセキュリティ対策です。
受信側にパスワードを設定、通信の暗号化などを徹底しなければなりません。
ライブ配信用のソフトも低コストで利用できますし、専門業者ですと環境設定からセキュリティまで請け負ってくれますので、検討してみてください。

社内向けライブ配信の利用シーンとは?

ライブ配信は、情報をダイレクトに発信できるとともに、話し手の表情や動き、声のトーンも伝えられるので、従来の文書による伝達と比べて分かりやすいというメリットがあります。
加えて、一度に伝えられる情報量も多く、同じ情報を複数拠点に同時に伝えることが可能です。
また、アーカイブ化・コンテンツ化しておけば何度も繰り返し再生できるというメリットもあるため、近年は社内のコミュニケーションツールとしてライブ配信を活用する企業が増えています。
社内向けライブ配信の利用シーンは幅広く、経営上層部からの挨拶やメッセージ、社内表彰といった広報、新人研修やコンプライアンス研修、外部有識者を招いての講演会などの社内研修などに活用することが可能です。
ライブ配信は社内で情報共有するためのツールとして活用することもでき、社内イベントの中継や福利厚生などのインフォメーション、営業マニュアルやナレッジの共有といった用途で利用されるケースも増えています。

社内向けライブ配信を行うメリット

社内向けのライブ配信を実施するメリットは、密を避けられることです。
感染症の拡大を防ぐために、オフィスでも三密の回避が求められています。
オフィス内でもマスクを着用したりデスクの間にパーテーションを設置したり、会議の人数も最小限に留め換気を徹底しているでしょう。
さらにオフィス内で働く人数を減らすために、テレワークの導入も三密の回避策として普及しています。
社内研修を実施するときも、同じように三密を回避しなければいけません。
ライブ配信で社内研修を実施すれば、会場に従業員が集まることを避けられます。
オフィスのデスクやテレワークをしている自宅など、さまざまな場所から視聴することも可能です。
感染症の拡大を防ぐため、これまで実施しにくかった社内研修などのイベントもライブ配信なら密を気にせず実施できるのは、企業にとって大きなメリットと言えるでしょう。
多様化する働き方にも合わせられるので、ライブ配信は今後も拡大していくと予想されます。

ライブ配信とWEB会議(テレビ会議)の違いとは?

ライブ配信はとWEB会議(テレビ会議)の大きな違いは、ひとことで言えば方向性の違いです。
ライブ配信は、配信者が専用のソフトウェアを使用して流したいコンテンツを一方的に流します。
サービスによっては、視聴者がコメントなどで配信者に反応を送ることができ、それが内容に反映されることがありますが、基本的には配信者から視聴者に向けての一方通行になります。
これに対してWEB会議は、ライブ配信サービスとは異なる会議用のソフトウェアがインストールされた端末をつかい、出席者がお互いの顔や用意された資料などを見ながら意見をかわします。
全員が専用のソフトウェアを使用しないと会議を行うことはできませんが、双方向性が確保されており、実際に人同士が会うときとほぼ同じような感覚でコミュニケーションをとることができます。
ライブ配信とテレビ会議の違いは上記の通りですが、実施するために必要な機材の多くが共通しており、一通りそろっていればどちらの形式にも対応することが可能です。

ライブ配信システムの選び方とは?

ライブ配信システムは使用用途に合わせて選ぶのが選び方の基本です。
ライブ配信システムは、ソリューション提供、ポータルサイト構築、配信特化と3種類に分けられます。
ソリューション提供タイプは動画配信システムのすべてを担うことが可能で、導入から配信までを一括して行うことができます。
従来から使用されてきたシステムをそのまま利用するのではなく、自分ですべて行いたい時にも使いやすいでしょう。
ポータルサイト構築タイプは配信に加えて視聴者とのコミュニケーションにも重点を置き、一体感を生み出すことができるでしょう。
社内配信に利用すれば社員からの疑問や質問、感想なども受け付けることができます。
配信特化タイプは機能を配信のみに絞り込んだシンプルなものですが、手軽に起動して使える点が優秀です。
社員教育やセミナーなど幅広い用途で利用可能となっており、閲覧制限ができるライブ配信システムであればセキュリティ面でも安心です。

ライブ配信に関する情報サイト
社内向けライブ配信について知ろう

営業所が複数ある会社ですと、研修や社内イベントなどで社員を集めるのも一仕事です。そこでおすすめなのがライブ配信です。撮影用のカメラ、受信側にもモニターなどの設備、そしてセキュリティ対策もなくてはなりません。今では低コストで利用できる配信用クラウドサービスなどもあり、ビジネスでの活用も活発化しています。もし設備やセキュリティ対策などの準備をする時間がない場合は、専門業者に依頼することをお勧めします。

Search